FC2ブログ

記事一覧

設計事務所 設立10周年を迎えて

岳設計工房は2014年3月23日をもって
設立10周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに、支えてくれた皆様のお陰と感じております。
心より感謝申し上げます。




10年を迎えた心境

月日はとても早く、10年が経過したとは感じられません。
プロジェクトが約1年を必要とするからでしょうか?
もしくは、まだまだ道半ばと感じているからかもしれません。

また私は、構造設計者から意匠設計者への転身&独立でした。
経験も少ない私を信じ、一生のプロジェクトを託していただいた建主様には、感謝が絶えません。
そして、実践から多くの事を経験し、学ばさせて頂いたと感じてます。




10年前の信念を思い返す

設立当初の経営理念「建主に寄添うサービス業」を忘れずに一歩づつ歩んできました。
壁に当たった時は、一番大切にしているこの信念を思い返しておりました。
この信念は必要とされていた証であると、今では自信に繋がっています。




次の10年を見据えて・・・

「建主様が幸福な方向」にシフト出来るよう、私自信が精進すること。
つまり、私の成長・進化がそのまま、社会に還元できるよう頑張っていきます。

自己の作品を表現したりと、己を前面に出すことが、
時には設計事務所や建築家のスタイルのように思われがちですが、
初心を忘れず、謙虚に一歩一歩ステップアップしていきたいです。

その為にするべきことは山積しておりますが、それに気が付き、仮説を立て、実行していきます。
新人時代を終え、大きな信頼をえられる設計事務所へ成長をしていく所存です。

まだまだ、序盤です。
今後も岳設計工房をよろしくお願いいたします。

Facebookページを設けました
更新情報がチェックできますので、是非「いいね!」をよろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓


ランキング登録しました!~応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

建築相談はこちらへ

Tel: 0283-27-0306
↓↓↓作品集はホームページへ↓↓↓
岳設計工房【栃木県佐野市】のホームページ

プロフィール

一番大切にしていることは、密なコミュニケーションをとり企画・計画をまとめあげること。クライアントの望む建築は、そのような「対話」により成しえると信じております。

Gaku

Author:Gaku
岳設計工房 代表 関口岳志です


-受賞暦-

第5回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
岳設計工房

第2回 佐野市水と緑と万葉のまち景観賞
Tree Re-hair

第2回 さのし建築景観賞
Natural Healing 「凛」

全記事表示リンク

Facebookページ

ユーザータグ

設計事務所 手段 家具 画家 伏図 同居 重森三玲 景観賞 本因坊丈和 3Dプリンター ペット 建築家 気密 待合室 プレカット 桐箪笥 ドッグラン コンセント 改修 プロフィール 長期優良住宅 ガラス 素材 コーキング 空家問題 防腐 防蟻 建具 トラス  鳥居 受賞 断熱 リフォーム 設計報酬 受験 劣化 テーブルディスカッション 増築 模型 住環境 誘導灯 省エネ 設立 美容室 プランニング 黄金比 東福寺 工場 プロの仕事 シーリング 違法 軸組図 上棟式 ドイツ 現場監理 サッシ 映画 新国立競技場 機能 内部空間 耐震 表面波探査 医院 デザイン 外構 ボウル 断熱材 大谷石 平屋 白蟻 道路 防水 ポワカッツィ 展覧会 プランニン LED  絵本 吹付け 経年劣化 高桐院 京都 架構 見学会 看板 コンパクト 佐野市 悪徳業者 店舗併用 地耐力 測量 基礎 広告物 トラブル コンペ 現場監督 施工不良 無線 カーテン ステンレス レーザー 外観 打合せ 店舗  ボランティア 床暖房 森林 立抗 写真コンテスト 福祉 格子 事務所 住宅 ようこそ先輩 終の住まい 配置計画 白銀比 タンス 手洗 飲食店 樹木 塗装 併用 完成写真 シロアリ シート 雨じまい 建築士 二世帯 屋根 オープンハウス 地盤調査 パース 八相の庭 整理整頓 羽アリ 金物 ドックヤード 外部空間 TED 建築 設計  建て方  屋根断熱 漆喰 目標 開口 植栽 読み聞かせ 地下 世帯 地鎮祭 一級建築士 設計料 有機EL レーモンド JohnLennon スリット 設計士 習慣 工事写真 クライアント 石澤久夫 講師 板金 小屋組  吉村順三 土台 コンクリート ニューヨーク 新築 目的 店舗併用住宅 採掘 補助金 設計専業建築士 断捨離 見学 アンカーボルト